クスコ市街
City of Cuzco

(S 13 31 20 W71 59 00)

文化遺産

世界遺産登録
1983年
位置
ペルー、クスコ州
概要
ケチュア語で「へそ」を意味するクスコは、標高3500mにある高地都市。アンデスに一大帝国を築いたインカ帝国の首都で、15世紀には頂点を極め、黄金で飾られた神殿や宮殿が多く建てられた。1533年にスペイン人に征服され、町は破壊された。
町にはインカ帝国時代の精巧で堅牢な石積みが多く残り、その礎の上にスペイン人によって築かれたバロック様式の建物が並ぶ。インカの財宝で築かれたカテドラル、太陽の神殿跡に築かれたサント・ドミンゴ修道院、郊外にある石造建造物のサクサイワマン城塞など。
アクセス
ペルー南東部、首都リマから南東に約1000kmの町クスコ(リマから空路)市内
日本からのツアー
あり
クスコ市街 クスコ市街