イグアス国立公園
Iguazu National Park

(S25 31 5 W54 8)

自然遺産

世界遺産登録
1984年、1986年
位置
アルゼンチン、ミシオネス州/ブラジル、パラナ州
概要
世界三大瀑布のイグアスの滝を中心とする、広大な森林保護地で、アルゼンチンとブラジルにまたがる総面積は約49万2000平方km。イグアスとは先住民グアラニー族の言葉で「偉大な水」を意味し、流れ落ちる水量は世界一。最大の滝「悪魔の喉笛」を始めとする主要な滝23を含めて300以上の滝があり、滝全体の横幅は約4000m、最大落差は85m。
公園内の熱帯雨林には約2000種に及ぶ植物が生育し、絶滅危惧種のピューマやジャガー、オオカワウソなどの哺乳類、ウラモジタテハなど約500種の貴重な蝶が棲息。
アクセス
アルゼンチン北東部のブラジルとの国境、ブラジルのコルドバから西に約600km(アルゼンチンのプエルト・イグアスとブラジルのフォス・ド・イグアスが観光基地=両都市間は国境通過バスで約40分)
日本からのツアー
あり

イグアスの滝(アルゼンチン側)

イグアスの滝(アルゼンチン側) イグアスの滝(アルゼンチン側)

イグアスの滝(ブラジル側)

イグアスの滝(ブラジル側)