ゴルダ山脈のフランシスコ修道会伝道所
Franciscan Missions in the Sierra Gorda of Queretaro

(N21 12 15.8 W99 27 50.8)

文化遺産

世界遺産登録
2003年
位置
メキシコ、ケレタロ州
概要
ゴルダ山脈の人里離れた高地に、フランシスコ修道会が18世紀半ば、先住民へのキリスト教布教のための最初の伝道所を造った。数年後には先住民の協力を得て5カ所の教会が築かれ、周辺には徐々に先住民の住居が増えていった。
教会の正面には、先住民の伝統的なモチーフの装飾が施されるなど、この地方固有の文化となる。この地が礎石となり、アリゾナやテキサスなど、アメリカ西南部への布教活動に続いた。
アクセス
メキシコ中央部、メキシコ・シティの北西に約240kmの町ケレタロ(バスで約3時間)近郊
日本からのツアー
なし