ポポカテペトル山麓の16世紀の修道院群
Earliest 16th-century Monasteries on the Slopes of Popocatepetl

(N18 56 05 W98 53 52)

文化遺産

世界遺産登録
1994年
位置
メキシコ、モレーロス州/プエブラ州
概要
高峰ポポカテペトル山の1800m付近の山腹には、16世紀に造られた14の修道院が現在も残る。それらは、新大陸におけるキリスト教布教のためにスペインから来た、ドミニク修道会などの各会派によって建てられたものの一部。
修道院にはどれにも、周囲を取り囲む高い塀と広い前庭が設けられている。これは先住民の攻撃に備えるのと、先住民の土着の宗教儀式を野外で行う習慣に対応するためだった。
アクセス
メキシコ中央部、メキシコ・シティから南東に約70kmのポポカテペトル山麓(バスで約1時間半のプエブラが観光拠点)
日本からのツアー
なし