エル・ビスカイノのクジラ保護区
Whale Sanctuary of El Vizcaino

(N27 47 32 W114 13 40)

自然遺産

世界遺産登録
1993年
位置
メキシコ、バハ・カリフォルニア・スル州
概要
バハ・カリフォルニア半島の中央部に位置し、保護区には内陸の砂漠や標高2000mの高原地帯も含まれ、総面積は5548平方km。付近の海域は、世界の約半数のコククジラが誕生する繁殖地。
この海域はシロナガスクジラの越冬地でもあり、アザラシやトド、絶滅が危惧されるウミガメなどが回遊する。内陸部には、ビッグ・ホーン・シープやカルドンサボテンなど、厳しい環境に適応した動植物が生息。
アクセス
メキシコ西部のバハ・カリフォルニア半島の中央部、ラ・パスから北西に約700km(空路のあるラ・パスかゲレロ・ネグロが観光拠点)
日本からのツアー
なし