アビラの旧市街と城壁外の教会群
Old Town of Avila with its Extra-Muros Churches

(N40 39 23 W4 42 00)

文化遺産

世界遺産登録
1985年
位置
スペイン、カスティーリャ・イ・イオン自治州
概要
標高1130mにある古都アビラでは、既にあったローマ属領時代の石壁をなぞって、11世紀頃にイスラム勢力に備えた城壁を築いた。
城壁は全長2.5km、高さ12mで、88の円筒形の見張り台と9つの門がある。城壁外にはロマネスク様式のサン・ビセンテ教会や、聖女テレサゆかりのサン・ホセ修道院など。
アクセス
スペイン中央部、マドリードの西に約110kmの町アビラ(列車かバスで約1時間半)
日本からのツアー
なし