コルドバ歴史地区
Historic Center of Cordoba

(N37 52 45.1 W4 46 47)

文化遺産

世界遺産登録
1984年(1994年範囲拡大)
位置
スペイン、アンダルシア自治州
概要
古都コルドバは、8世紀にイスラムの後ウマイヤ朝の首都となったが、13世紀にはレコンキスタにより再びキリスト教勢力となった。複雑な歴史を背景に、キリスト教とイスラム教、それにユダヤ教の各文化が共存する特異な町並みが残る。
世界第2の規模を誇るメスキータ(回教寺院)は、8~10世紀のモスクをゴシック様式の大聖堂に改築。アラブ様式のアルカサル城砦、ムデハル様式のユダヤ教会、ローマ橋など。
アクセス
スペイン南部、グラナダの北西に約150kmの町コルドバ(バスで約2時間半)
日本からのツアー
あり