マルボルクのドイツ騎士団の城
Castle of the Teutonic Order in Malbork

(N54 2 30 E19 2 0)

文化遺産

世界遺産登録
1997年
位置
ポーランド、ポモージュ県
概要
マルボルクはバルト海に近い町で、13世紀にドイツ騎士団によって巨大な城塞が築かれた。第二次大戦時の爆撃で被害を受けたが、戦後修復された。
城は当時としては珍しい赤レンガを使ったゴシック様式。1万人を収容できたという広い敷地は、鋳造所、武器庫、牢獄などの他、礼拝所のある修道院としても使われた。
アクセス
ポーランド北部、ワルシャワの北西約280kmの町マルボルク(列車で約6時間)
日本からのツアー
なし