チェスキー・クルムロフ歴史地区
Historic center of Cesky Krumlov

(N48 49 E14 19)

文化遺産

世界遺産登録
1992年
位置
チェコ、南ボヘミア州
概要
ブルタバ河畔の古都チェスキー・クルムロフは銀山に始まり、13世紀に城が建設され、14~16世紀に手工業と商業で発展した。
高台にあるチェスキー・クルムロフ城はプラハ城に次ぐ第2の規模を誇り、14世紀の聖ヴィート聖堂はゴシック様式の美しい塔が特徴。街には当時の中世の町並みがそのまま残る。
アクセス
チェコ南西部、プラハから南に約170kmの町チェスキー・クルムロフ(列車で約4時間)
日本からのツアー
あり