スロバキア側カルパチア山地の木造教会群
Wooden Churches of the Slovak part of Carpathian Mountain Area

(N49 20 10 E19 33 30)

文化遺産

世界遺産登録
2008年
位置
スロバキア、プレショフ州/ジリナ州/バンスカー・ビストリツァ州/コシツェ州
概要
カルパチア山地には16~18世紀の歴史的な木造教会が多数残る。木造教会はいくつかの異なった宗派に分かれているが、ラテン文化とビザンチン文化が融合し、各地域の建築や美術の伝統を取り入れて発展した過程を見ることが出来る。 登録されたのは、ローマ・カトリック教会の2カ所、ギリシャ正教の3カ所、それにプロテスタント教会3カ所の計8カ所。教会によって様式は異なるものの、どれにもスラブ人の建築文化の特徴を見ることが出来る。
アクセス
スロバキア中北部、首都ブラチスラバから北東に約250km
日本からのツアー
なし