レヴォチャ、スピシュスキー城とその関連文化財
Levoca,Spissky Hrad and its Associated Cultural Monuments

(N49 0 E20 50 )

文化遺産

世界遺産登録
1993年(2009年範囲拡大)
位置
スロバキア、ブレショフ州
概要
ブラニスコ山麓にあるスピシュスキー城は、12世紀頃にタタール人の侵略に備えて築かれ、13~17世紀に増改築され壮大な城となったが、18世紀の火災で廃墟となる。 周辺の城下町には、13世紀創建の聖マルティン大聖堂やスピシュスカ・カピトゥラ聖堂など、100件以上の各時代の歴史的建造物が残る。2009年にレヴォチャ歴史地区を追加。
アクセス
スロバキア東部、首都ブラチスラバから北東に約370kmの町スピシュスキー・カピトゥラ(列車で約5時間のスピシュスカ・ノヴァ・ヴェス駅下車)
日本からのツアー
なし