コース地方とセヴェンヌ地方、地中海農牧の文化的景観
The Causses and the Cevennes, Mediterranean agro-pastoral Cultural Landscape

(N44 13 13 E3 28 23)

文化遺産

世界遺産登録
2011年
位置
フランス、アヴェロン県/ガール県/エロ-県/ロゼ-ル県
概要
コース地方は中央山地の南西部に位置するカルスト高地で、セヴェンヌ地方は南東部に位置する丘陵地帯。幾重にも重なった山々や深く刻まれた谷、緑豊かな高原など、変化に富んだ独特な景観で有名。 この地域に住む人々は古くから石で素朴な住居を造り、石垣で囲った棚田で作物を栽培して日々を送ってきた。最高峰ロゼール山の山麓で行われるのは、季節に応じて家畜を移動させる伝統の放牧。
アクセス
フランス南部、マルセイユから北西に約200km
日本からのツアー
なし