リヨン歴史地区
Historic Site of Lyons

(N45 46 02 E4 50 00)

文化遺産

世界遺産登録
1998年
位置
フランス、ローヌ・アルプ地方
概要
フランス第二の都市リヨンの起源は、紀元前1世紀にローマ帝国によってガリア3州の首都と定められてから。中世には商業都市として、15世紀頃からは工業都市としても発展した。
紀元前に築かれた2つのローマ劇場の遺跡や、12~13世紀のゴシック様式サン・ジャン大聖堂、ルネサンス時代の邸宅などがリヨンの長い歴史を物語る。
アクセス
フランス南東部、パリから南東に約500kmの町リヨン(パリから空路)
日本からのツアー
あり