モン・サン・ミシェルとその湾
Mont-Saint-Michel and its Bay

(N48 38 10 W1 30 40)

文化遺産

世界遺産登録
1979年
位置
フランス、バス・ノルマンディー地方
概要
8世紀の聖ミカエルのお告げにより、湾に浮かぶ小島に聖堂建設が開始。難工事の末、10世紀に最初の修道院が創建され、その後各時代に渡って増改築が続けられた。14世紀には英仏百年戦争に巻き込まれ、城壁が築かれて要塞化された。
島の建造物はゴシック様式を始め、様々な建築様式が混在。同湾は干潮の差が激しいため、干潮時には陸続き、満潮時には海に囲まれる。ベネディクト会修道院で、巡礼地でもある。
アクセス
フランス北西部、レンヌの北約70km(パリから列車で約3時間のポントルソン駅下車)
日本からのツアー
あり