ヴァイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群
Bauhaus and its Site in Weimar and Dessau

(N50 58 29.2 E11 19 46.2)

文化遺産

世界遺産登録
1996年
位置
ドイツ、チューリンゲン州、ザクセン・アンハルト州
概要
バウハウスは20世紀初めにヴァイマールに開校した総合造形学校。わずか14年後にナチスの弾圧により廃校されるが、のちの造形芸術やデザインに大きな影響を与える。
実験住宅「ハウス・アム・ホルン」、鉄筋コンクリート構造の「デッサウの校舎」、近代住宅の「マイスターハウス」など。20世紀の建築や芸術のモダニズムの源流とされる。
アクセス
ドイツ北東部、ライプツィヒの南西約130kmのヴァイマールと、同じく北約70kmのデッサウ(ベルリンから列車で約1時間半)
日本からのツアー
なし