クヴェートリンブルクの聖堂参事会教会、城と旧市街
Collegiate Church,Castle,and Old Town of Quedlinburg

(N51 46 59.988 E11 9 0)

文化遺産

世界遺産登録
1994年
位置
ドイツ、ザクセン・アンハルト州
概要
クヴェートリンブルクは中世ドイツの東フランケン公国の首都だった町で、9世紀には聖セルヴァティウス教会が建てられ、商業都市として繁栄した。
城のある丘の下には旧市街が広がっており、15~18世紀に建てられた、多くのハーフティンバー様式(柱や梁を外壁に露出させる)の木造建築が完全な形で残っている。
アクセス
ドイツ中東部、ハノーファーの南東約70kmにある町クヴェートリンブルク(ベルリンから列車で約3時間)
日本からのツアー
あり