ムスカウアー公園/ムジャコフスキ公園
Muskauer Park / Park Muzakowski

(N51 34 45.5 E14 43 35.2)

文化遺産

世界遺産登録
2004年
位置
ドイツ、ザクセン州/ポーランド、ルブシュ県
概要
国境を流れるナイセ川両岸に造られた景観公園は、もともとは1つの英国式庭園で、19世紀前半にドイツのムスカウアー王子によって造園された。第二次大戦後に両国の国境が移動し、2つの公園に分割。
元の地形や植物を生かし、周辺の農地などの景観にも溶け込ませる様に設計されており、のちのヨーロッパの公園設計に影響を与えた。現在は両国の友好・平和の象徴とされる。
アクセス
ドイツとポーランド国境の最南部、ドイツ・ドレスデンの東約70km
日本からのツアー
なし