スホクラントとその周辺
Schokland and Surrounding

(N52 38 19 E5 46 18)

文化遺産

世界遺産登録
1995年
位置
オランダ、フレヴォラント州
概要
スホクラントは15世紀頃までは半島の一部だったが、海水の浸食により切り離され島となる。19世紀末には水没の危機に陥ったが、20世紀初めに半島から全長30kmの大堤防を築いて海水をせき止めた。
大堤防は水面上の高さ7.6m、幅約90mで、現在は高速道路も兼ねる。堤防内は干拓事業で入植も始まり、広大な耕地が生まれた。その当時の建物が今も残っている。
アクセス
オランダ北東部、アムステルダムの北東約50km
日本からのツアー
あり