オーストラリアの哺乳類の化石遺跡(リバースリーとナラコーテ)
Australian Fossil Mammal Sites(Riversleigh/Naracoorte

(S19 5 E138 43)

自然遺産

世界遺産登録
1994年
位置
オーストラリア、サウス・オーストラリア/クイーンズランド州
概要
南東部の洞窟では、オーストラリア大陸特有の哺乳類の進化に関する重要な化石が出土する。ナラコーテからは、カンガルーの仲間だったステヌルス・オクシデンタリス、絶滅したフクロライオン、巨大鳥類など、20万年~2万年前の化石が多く発掘。
一方のリヴァーズリーからは、2000万~500万年前に棲息していた100種以上の動物の化石を発掘。これらの化石は、当時の大陸の様子やその後の気候や地形の変化を分析する上での重要な手がかり。
アクセス
オーストラリア南東部、メルボルンから西に約400kmの町ナラクーアト近郊/北東部のリヴァーズリー近郊
日本からのツアー
なし