メンフィスのピラミッド地帯(ギザからダハシュール)
Memphis and its Necropolis - the Pyramid Fields from Giza to Dahshur

(N29 58 33.8 E31 07 49.5)

文化遺産

世界遺産登録
1979年
位置
エジプト、ギザ県
概要
首都カイロ近郊のナイル川西岸に広がるピラミッド地帯は、古代文明発祥の地。古王国時代(紀元前2700~2200年)の都メンフィスを中心に、大小約80ものピラミッド群が残る。
ギザには3つのピラミッドとスフィンクスがあり、最大のクフ王のピラミッドは高さ137m、底辺の一辺が230mで、約230万個の石を使用。その南側の地下からは「太陽の船」が発見された。他にサッカラの日干しレンガの階段ピラミッド、ダハシュールの斜面角度が変わる屈折ピラミッドなど。
アクセス
エジプト北部、首都カイロの南に約25km(カイロからバスかツアー)
日本からのツアー
あり
ギザのピラミッド