アムラ城塞
Quseir Amra

(N31 48 07 E36 35 09)

文化遺産

世界遺産登録
1985年
位置
ヨルダン、ザルカ郡
概要
シリア砂漠に8世紀頃築かれた、ウマイア朝のカリフ用の離宮。城塞は隊商宿を改築して宮殿風にした石造りの建物で、厳格なイスラムの掟に反し享楽的な生活を送るためのものと推測される。
内部は謁見の間と浴場施設に分かれ、浴場はハマムと呼ばれる蒸し風呂の他、温水や冷水風呂も備わる。イスラムでは珍しいフレスコ画が見られ、等身大の踊り子、狩猟風景、神話の場面などが題材。損傷は激しいが、イスラム初期の貴重な絵画史料。
アクセス
ヨルダン北東部、首都アンマンから東に約80km(バスで約2時間)
日本からのツアー
なし