ブルサとジュマルクズク:オスマン帝国発祥の地
Bursa and Cumalikizik:the Birth of the Ottoman Empire

(N40 11 05.03 E29 03 44.41)

文化遺産

世界遺産登録
2014年
位置
トルコ、ブルサ州
概要
オスマン帝国は中央アジアから流れて来たトルコ系オスマン族が、アナトリア高原に基礎を築いたのが始まり。シルクロード西端に位置するブルサは、14世紀初めにオスマン帝国で最初の首都が置かれた所で、その近郊(東に約10km)にあるジュマルクズクはブルサを支えた後背地。 ブルサには初代皇帝オルハンの陵墓を初め、多くのモスクやイスラム教学校の他、公衆浴場、貧民のための食堂などが残る。建造物には東ローマ帝国などの西ヨーロッパ文化と、イスラム帝国などのアジア文化の融合が見られる。
アクセス
トルコ西部、イスタンブールから南に約100kmの町ブルサ