トロイの考古学遺跡
Archaeological Site of Troy

(N39 57 23.2 E26 14 20.4)

文化遺産

世界遺産登録
1998年
位置
トルコ、レンネルベロナ州
概要
アジアとヨーロッパにまたがる北部エーゲ海沿岸にあるトロイの遺跡には、紀元前3000~後500年にわたり興亡を繰り広げた9つの都市遺跡が折り重なっており、各時代それぞれの城壁、神殿、住居跡などが発掘された。遺跡は、ホメロスの叙事詩を信じたドイツの考古学者によって、19世紀に発見。
都市は古い順に9の市に区分されており、伝説のトロイ戦争があったトロイ文明(紀元前1200年頃)は第6市とされる。トロイの木馬は復元され、遺跡の入り口に建つ。
アクセス
トルコ西部、イスタンブールから南西に約280km(バスで約6時間のチャナッカレが観光基地)
日本からのツアー
あり