ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群
Goreme National Park and the Rock Sites of Cappadocia

(N38 40 E34 51)

複合遺産

世界遺産登録
1985年
位置
トルコ、ネヴシェヒル県
概要
海抜約1200mのカッパドキアには、キノコやタケノコの形をした奇岩が立ち並ぶ。これらは、有史以前の火山噴火とその後の風雨による浸食作用の結果。洞窟住居が造られ始めたのは紀元前10世紀以前で、後4世紀頃にはローマ帝国の迫害から逃れたキリスト教徒が移り住み、約360もの岩窟教会や岩窟修道院を造った。
中心にあるギョレメ渓谷は、周辺の自然を損なうことなく、人間の手の入った、世界でも珍しい風景。「リンゴの聖堂」や「暗闇の聖堂」などの内部には彩色鮮やかな壁画が残る。
アクセス
トルコ中央部、首都アンカラから南東に約320kmの町ネヴシェヒール近郊(バスで約5時間、イスタンブールからの空路もある)
日本からのツアー
あり