アルダビールのシェイク・サフィ・アッディーン廟と神殿群
Sheikh Safi al-din khanegah and Shrine Ensemble in Aradabil

(N38 14 55 E48 17 29)

文化遺産

世界遺産登録
2010年
位置
イラン、アルダビール州
概要
アルダビールの創建はサーサーン朝のベーローズ1世によるものとされる。14世紀にサフィ・アッディーンがこの地でサファヴィー教を興し、16世紀にはイスマイール1世がサファヴィー朝ペルシャを建国すると首都となる。 高さ17mの円筒形のサフィ・アッディーン廟の内部は、「アッラー・アッラー」と呼ばれる八角形の立体的で繊細な装飾が見事で、外側のブルータイルの幾何学模様の装飾も美しい。他にイスマイール廟、陶器の家、楽園の家、殉教者の家など。
アクセス
イラン北西部、タブリーズから東に約200kmの町アルダビール
日本からのツアー
なし