エルビル城砦
Erbil Citadel

(N36 11 28 E44 00 33)

文化遺産

世界遺産登録
2014年
位置
イラク、エルビル県
概要
エルビル(アルビル)はメソポタミア文明の都市国家だった古い町で、紀元前5000年~3000年に成立したとされる。シルクロードの要衝だったため、ペルシャ、イスラム、オスマン各帝国の支配を受け度々戦争に巻き込まれたが、多彩な文化の影響も受けた。現在はクルド人自治区の首都。 城砦は町の中心に位置した古い塚を利用した円形の丘の上にあり、何代にもわたって建てられた高い塀が取り囲む。城砦の中の各時代の建物からはそれぞれの様式が見られる。
アクセス
イラク北部、首都バグダッドから北に約400kmの町エルビル