ハトラ
Hatra

(N35 35 17 E42 43 06)

文化遺産

世界遺産登録
1985年
位置
イラク、ニーナワー県
概要
直径約2kmの円形をしているハトラは、紀元前3~後3世紀、パルティア王国内の半独立国のアラビア王国の首都。隊商都市として発展したが、ササン朝ペルシャに征服され滅びる。
町は二重の城壁と堀で囲まれた難攻不落の要塞で、中央の聖域には太陽神シャマシュなどの神殿群が建つ。これらの神殿群は後世のイスラム建築の原形になったといわれ、中にはギリシャやローマなどの影響を受けた建造物も見られる。
アクセス
イラン北部、首都バグダッドから北西に約340kmの町ハダル近郊
日本からのツアー
なし