サナアの旧市街
Old City of Sana'a

(N15 21 20 E44 12 29)

文化遺産

世界遺産登録
1986年
位置
イエメン、サナア州
概要
標高2150mにある首都サナアは、アラビア文明発祥の地として、世界最古の町の1つ。紀元前1000年頃に、シバ王国支配の下で商業都市として発展した。その後はエチオピア、ビザンティン、オスマン・トルコなどが支配。「ノアの方舟」のノアの息子、セムが創設したという伝説をもつ。
旧市街には大モスクなど103のモスクや64基のミナレットがあり、約6500棟の古い家屋が建ち並ぶ。家屋は石や日干しレンガを建材とし、主に5~6階建てと高層で、幻想的な風景。
アクセス
イエメン西部、首都サナア市内(日本からはドバイなど経由)
日本からのツアー
あり