デリーのフマユーン廟
Humayun's tomb,Delhi

(N28 35 36 E77 15 02)

文化遺産

世界遺産登録
1993年
位置
インド、デリー市
概要
ムガール帝国のフマユーン帝の死後の16世紀半ば、その妃が建設したインドで初めての廟建築。フマユーン帝が一時ペルシャに身を寄せたこともあり、ペルシャから墓廟の設計士を招いた。
赤砂岩と大理石で造られた墓廟は、高さ38m、直径約22mドーム天井をもち、庭園も水路で田の字に区切られた正方形の四分庭園。どちらもペルシャの建築様式だが、「庭園の中の廟」という形式を完成させ、廟建築の礎を築いた。
アクセス
インド中北部、首都ニューデリー(空路は直行便か香港など経由)の南東部
日本からのツアー
あり
フマユーン廟